入門編!マルチ電子マネーとは?

マルチ電子マネーサービスについて

マルチ電子マネーサービスは、支払手段として普及が進んでいる電子マネーの導入に関して、それらの手続きを一括で行うためのサービスです。個人商店などの店舗が電子マネー決済を導入するには、運営会社と加盟店契約を結ぶ必要がありますが、サービスを提供している会社がそれらを代行します。小売チェーンなど複数の会社から提供している電子マネーの支払手段は全て、サービス会社が提供する一つの端末で利用できます。事業者から入る精算金や決済手数料も会社ごとに異なりますが、これらの手続きもサービス運営会社が代行する形を取ります。利用したい業者が、マルチ電子マネーサービスの代行会社に依頼をすることにより、導入によるコストや手続きによる負担を軽減することができます。

マルチ電子マネーサービスの特徴とメリット

マルチ電子マネーサービスを導入するメリットとしては、電子マネーを導入するための加盟店契約、精算金など一連の作業を一括で行うことになります。複数の電子マネーを支払手段として使えることにより、多くの顧客を取り込むことができ、売上利益の向上に役立ちます。提供される端末の種類も、電話回線からインターネット回線、携帯電話の無線を利用したものまで、機械が苦手な人間でも簡単に操作ができるものを用意しています。サービスを契約する場合、基本的には法人での長期契約となりますが、会社によっては短期でのレンタル契約を選ぶことができます。1週間程度のイベント出店の支払手段としての活用を通じて、長期的な支払手段に繋げることも可能となります。

© Copyright Multi Electronic Money. All Rights Reserved.