電子マネーの導入方法は?

種類によって申し込み方が違う

電子マネーの導入は、代理店や決済代行会社などさまざまな方法が用意されています。決済の仕組みが同じでも、種類によって申し込み方が違うのも特徴です。ホームページから直接加盟店契約を申し込めるなど、専用のサイトが用意されていることもあります。クレジットカード会社を介しての契約となるケースも多いです。店舗の審査が通り次第すぐに電子マネーを導入できます。代理店経由での契約はリース会社が間に入るのが一般的です。複数の電子マネーを一度に導入したい場合には、決済システムの提供会社を利用します。一台の端末でいろいろな決済方法に対応できるのが魅力です。契約内容は店舗数や規模、決済金額の実績に応じて変わってきます。

ネットショップで導入する場合

ネットショップに電子マネーを導入するなら、決済代行会社を利用するのが便利です。種類も複数対応しておりカード会社ごとに契約する手間もかかりません。即日審査を行っている会社も多く、早いところでは3日ほどですぐ導入できます。初期費用が無料の会社なら予算が少なくても安心です。入金サイクルは月払いだけでなく週払いにも対応してくれるケースもあります。システム設定もわかりやすく売上の管理もスムーズに行えるはずです。テスト決済を行い、問題がなければサービス運用が始まります。情報はオンラインでやり取りされるので、人為的なミスが発生する心配もありません。導入後もメールやチャットなどでしっかりサポートしてくれます。

© Copyright Multi Electronic Money. All Rights Reserved.